日本国内旅行

函館旅行3日目

函館2日目の夜はベイエリア近くの「ラビスタ函館ベイ」に泊まりました。

ラビスタ函館ベイホームページ

http://www.hotespa.net/hotels/lahakodate/intro.html

ここは、函館市内のどこの観光地に行くのにも立地的によく、部屋も落ち着いた

感じで、温泉も最上階にありとても温まり良かったです。

そして、朝食が今まで私たちが宿泊したホテルの中で1番良かった!

バイキングなのですが、朝から海鮮丼の食べ放題。他にも北海道の○○産小豆白玉

とか○○産牛乳とかもう、食べたい・飲みたいものだらけ

朝からとっても贅沢な朝食を味わいました。

P1080235

3日目外に出ると函館山がと~ってもきれいに見えました。

Img_4274

そして近くの函館朝市へ

Img_4278

寒い中、市場のおじちゃん・おばちゃんは元気がよく、皆さん声をかけてくださるんです。

中には今、中国人の観光客が多いからか

「あなたたちは日本人?中国人?」なんて声をかけてくるおばちゃんも。

どう見ても日本人だと思うけど?!最近、ちょっと中国人化してきているところが

あるからかな~~~???

とにかく市場は活気があり、また、美味しそうな海鮮がい~っぱい!

P1080252_2 

おばちゃんが「カニ試食してみらんね」と言うので、毛ガニとタラバガ二を試食。

試食といえども身がた~っぷり。すごく美味しく食べごたえが!

主人の両親に毛ガニやホタテ他海産物の詰め合わせを買い送りました。

ホタテもその場で焼いて食べさせてもらいました。

P1080256

身が厚く、何もつけなくてもそのままでと~っても美味しかった。

やはり、北海道の海産物は最高!!!

その後ベイエリア近くの赤レンガ倉庫へ。

ここで、いろんなお土産を買いました。

お昼は、朝食べ過ぎてしまって、お腹はあまり空いていなかったのですが、

夫がB級グルメの有名なお店のハンバーガーを食べたいというので、

「ラッキーピエロ」というお店に入りました。

P1080265

ご当地バーガー全国NO.1に輝いたお店だそうです。

本来はチャイニーズチキンバーガーがイチオシみたいですが、

夫はエッグバーガーを注文。

Img_4292

私は、もうおなかいっぱいだったので食べなかったんですが、

夫は普通のファーストフード系のお店からすると「本物の味がする」

なんて言ってました。

さて、私は南国育ちもあり、こんなに雪が降り積もり、最高気温が氷点下の世界

というのは生まれて初めてのことで、行く前は体が凍りつくんじゃないか?!

なんて思っていたけど、そんなことはないんですね。

寒いことは寒かったけど、美味しいものを食べて、温泉に入り、また一番印象に

残ったのは函館の夜景。これを見れて本当によかった。

二人でゆっくりと満喫できた3日間でした。

| | コメント (4)

函館旅行2日目

函館旅行2日目(1月26日)

この日はまず、函館五稜郭へ。

移動には函館市内を走っている市電を利用。

函館市電

P1080137

かわいい市電。一日乗車券(600円)を利用しました。

だいたい函館の主な観光地はこの市電を利用したらOK!

そして、五稜郭タワー

Img_4200

タワーの最上階に上ると、函館市内と五稜郭がきれいに見渡せました。

雪景色の五稜郭

P1080169_2 

幕末1864年に完成し、蝦夷地の政治や外交の中心となったところだそうです。

後に旧幕府軍と新政府軍の函館戦争の舞台にもなったところです。

この後五稜郭内を散策するつもりだったのですが、天気が一変して、

雪が強く降り始めたため、近くの函館名物塩ラーメンを食べに。

函館名物 塩ラーメン(「あじさい」というお店)

P1080186

私は塩ラーメンはあまり食べないので味はあまりよくわからないのですが、

とにかくあっさりしていて、食べやすかった。

そして、午後から元町の教会と洋館が立ち並ぶところを散策しました。

雪が降っていて、超~寒かった。

まず、函館聖ヨハネ教会 独特な外観

P1080193

函館ハリストス教会 

P1080199

カトリック元町教会

Img_4216

旧函館区公会堂 

P1080207

この日はとにかく真っ白な雪におおわれた教会などを見ることができたのですが、

夜になるとライトアップされてまた違った幻想的な雰囲気に変わるようです。

そして、夜。函館といえば・・・「夜景」

でもこの夜景、きれいに見れる確率は四日に1回という確率で、

せっかく行ったのに見れないということも多々あるそうで、昼間のどんよりと雪が

降っているような天気ではどうかな?!と思っていたのですが、

私たちが行く時間になったら、雪も止み、下から函館山の頂上の明かりがくっきりと!

期待してロープウェイで頂上まで行きました。

(夏は登山やタクシー・バスなどでも頂上まで行けるようです)

そして、じゃ~~~ん。函館夜景

Img_4255

P1080227

綺麗な夜景を見ることができました。ちょっと感動

函館山頂は-7度。超~~寒かったのですが、この夜景を見れてテンション

寒さどこかに吹っ飛んでしまいました。

3日目に続く

| | コメント (0)

函館旅行1日目

先日(1月25~27日)2泊3日函館旅行に行ってきました。

この冬の寒い時期に北海道!!

今回も旅行の主導権は旦那。最初は私が提案した沖縄に行くはずだったのに・・・・。

寒いのが超苦手な私は、あまり乗り気しなかったのですが、

行ったら行ったでけっこう楽しんできました

(でも、最低-10度、最高-5度の世界。超~~~~寒かったです)

まず、1日目(1月25日)

この日は、飛行機で移動のみ。

函館空港に着き、外に出たら雪が積もってはいるのですが、積雪7,8センチ

ぐらいでそんなに銀世界というイメージではなかったです。

函館空港外 雪だるま君がお出迎え

P1080097

到着したのが3時半ぐらいだったので、そのまま今夜の宿泊旅館へ

宿泊旅館 湯の川温泉 「若松」

P1080099

函館の中でも90年の歴史ある老舗旅館。部屋も和風の広々とした空間。

P1080104

割烹旅館「若松」ホームページ

http://www.wakamatsuryokan.com/

そして窓から津軽海峡が一望できました。

夫と二人で1時間ぐらいカメラを構えて海を撮り続けました。

これは私のお気に入りワンショット。津軽海峡

P1080114_3   

青い空・流れる雲・雲から射す太陽の光・海・海岸線沿いの雪。いいですよね~。

海の波しぶきと海鳥の鳴き声もとても風情があり良かった。

そして、時間がちょっとすぎると夕日が沈んでいきました

P1080121

窓際にたまに海鳥(カモメ?!)が遊びに来てくれました。

Img_4173_2

それから、温泉へ

温泉は、内風呂と露天風呂があり、内風呂で十分温まってから露天風呂に行った

のですが、さすがに寒い~~。風呂はちょうど良い温度なのですが、髪を洗って

入ったので、頭が寒く、ちょっと前髪のあたりが凍ってきたので、5分ぐらいで中へ。

露天風呂からも津軽海峡と函館市内の夜景が見えていたのですが、

ちょっと寒くて観賞どころではなかったです

でも、内風呂でゆっくりと温まりました。

そして、楽しみにしていた夕飯。

部屋食でゆっくりと北海道の海・山の幸のコース料理をいただきました。

前菜 ナマコの酢・えび・牛蒡などなど どれも素材を生かした味付けで美味しかった

P1080140_2

函館名物イカソーメンと毛ガニ

P1080149_2

イカソーメンは本当につるんとして、また少し噛むと甘みがありました。

毛ガニはもちろん美味しかったです。(もう少し食べたかった)

そのほか全部で9品の料理をお腹いっぱいいただきました。満足!!

2日目に続く

| | コメント (0)

鹿児島・阿蘇・天草旅行

10月1日に鹿児島に帰郷し、12日に常州へ戻り、鹿児島の母が今回常州へ一週間滞在

していたため、なかなかブログアップできず、久々の更新です。

まず、鹿児島帰郷編からダイジェストで!

今回夫と一緒に久々の鹿児島帰郷。

まず、帰ったら父と母の喜寿祝いをしてあげようと私の姉と以前より話をしていて、

姉家族と両親、私達で霧島に一泊泊まりで行ってきました。

霧島に行くついでにちょっとドライブ!

これは、国分市の城山公園

Img_3687

ここから国分市内と錦江湾・桜島がよ~く見渡せます。

でも、この日はかすんでいて桜島はかすかにしか見えず残念!

今、桜島は火山活動が活発で先月はひと月で観測史上最高の百数十回噴火したん

だそうです。この日も、かすかに噴煙があがっていました。

姉が言ってましたが、鹿児島市内は今、火山灰被害で大変なんだそうです。

その後、霧島神宮にて参拝。

霧島で有名な「丸尾の滝」

P1070441

そして、その夜の宿泊ホテル「霧島国際ホテル」へ。

家族皆温泉でゆっくりとして、岩盤浴・マッサージもしてもらい、そして、夕飯。

鹿児島の味を堪能しました

父と母がと~っても喜んでくれたのでよかった

そして、霧島から帰ってきて、今度は旦那と二人で、2泊3日阿蘇と天草の旅行へ

阿蘇は、以前行ったときに大雨で阿蘇の火口まで行けなかったので、リベンジ!

と意気込んでいったのですが、この日も天気がわるく、草千里までしか行くことが

できず・・・・・。残念

草千里

Img_3770

宿泊先のペンションのオーナーさんに聞いたら、阿蘇ファームランドが近くにあり

そこに温泉や屋内の施設があるとのことで、行ってみることに。

そこの、屋内スパ(一人1200円)に入りました。

ここは、塩釜・薬草窯・翡翠窯などなど10数種類の窯があり、そのなかでゆっくりと

汗をかいていくのですが、これがとてもリラックスできて、いい汗をかき、

リフレッシュできました。(終わった後は、体がすごく軽く感じました。もう少し

ゆっくり入っていたかった~~~)

阿蘇ファームランドとってもひろく、いろんな施設やホテルもある総合施設で、

いいところです。阿蘇に行かれたら是非訪れてみてください。

翌日、熊本市内に下り、熊本城へ

P1070494

加藤清正が建てた城。

本丸は、改修されていて、豊臣秀頼を迎えるために造ったと言われる間が

とても煌びやかでした。

P1070505

そして、天草へ

泊まった宿は「ホテル竜宮」

夕飯は海鮮づくし。この日は、結婚記念日も兼ねてということで、ホテル側が

シャンパンをサービスしてくれて、乾杯!!

美味しいお酒に美味しい料理、そして、宿から見える天草の風景、温泉!!

と~っても贅沢なひと時を過ごせました (主人に感謝!!)

最終日、船で天草五橋の(実際は四橋)遊覧に。

海風がとても心地よかった。

P1070578

その後、天草を下っていき、天草キリシタン記念館へ

P1070624

ここは、天草四郎のことや、天草・島原の乱の資料が多く展示されていました。

それから、大江天主堂

Img_3899

崎津天主堂へ

P1070645

天草、私は九州出身でありながら初めて訪れたのですが、

まだまだ見どころ、それから美味しいものもたくさんで、本当によかとこでした。

        ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今回、1週間の国慶節休み。

私も主人もゆっくり、ゆったり旅行でき、鹿児島・熊本の美味しい物をいただき、

ちょっと親孝行もし、墓参りもできて本当に思い出深い1週間を過ごせました

| | コメント (4)

つくば観光

久しぶりの更新です。

先週は、毎日おでかけして遊びほうけていました

今週は、特になにもないので、貯まってしまったブログのネタを少しづつ更新

していきたいと思います。

まず、先週火曜日(2月15日)常州でお世話になっているKさんのお住まいがある

茨城県つくば方面を案内してくださるということで、お出かけしてきました。

つくば駅でお会いして、Kさんの車でしばしドライブ。

目の前に筑波山が見えてきました。

P1040608

天気がよく、とてもきれいに見えました。

それから、桜川市真壁町で開催されている、「真壁のひなまつり」の観光へ

ここは、江戸・明治・大正・昭和初期の歴史的建造物が国の有形文化財に多数

登録されていて、昔の街並みがそのまま残されているところで、

今、その街並みの一軒一軒のお店や旅館、そして民家などに昔から残されてい

たひな人形が飾られていて、いろんな時代のひな飾りを見ることができました。

P1040615

このような蔵が街のいたるところに。

P1040618_2 

江戸時代から昭和までのひな人形が飾られていました。

裕福な家だったのでしょうね~。

P1040610_2 

ある民家の家に飾られていた着物。

七五三の衣装から、婚礼衣装までこの家に嫁がれたお嫁さんと子供さんの

着物だそうです。とてもきれい保存されているのに驚きました。

お昼は、この町の古くからある旅館でひな御膳をいただきました。

P1040623

こんにゃく田楽・ちらし寿司・すいとん、どれもやさしい味付けで美味しかったです。

このひな祭り、街の170軒ほどの家々にひな飾りが飾られているそうで、

私たちは、十数件ぐらいしか周れなかったのですが、

一軒一軒を訪問しながらの観光、また、その家の方々の温かいおもてなしに

とても心が和みました。

また、訪れてみたいな~と思ったお祭りでした。

それから、筑波山に戻り、筑波山を観光

筑波山神社

P1040638

筑波山は男体山と女体山があり、ここはその山々の夫婦二神を主神とする

神社で夫婦和合や縁結びの神として知られている名所なんだそうです。

それから、ケーブルカーで男体山に登って行きました。

この日は、関東でかなり雪が降ったあくる日で、山の上は真っ白の雪景色。

P1040640

ここにあるレストランからの眺めがとてもよかった~。

P1040641

それから、下山し、筑波山梅林へ

まだ、3、4分咲きかな?!というぐらいでした。

P1040656

梅林の上にあるあづま屋からの眺めが最高でした。

梅は今から見ごろになると思います。

帰りは私の帰る途中の路線まで送っていただき、本当に一日Kさんには

お世話になりました。

関東で大雪の降ったあくる日だったのでどうだろうと思っていましたが、

お天気回復して、以外と暖かく素敵なところを観光し、またおしゃべりもし

リフレッシュできた一日でした

| | コメント (4)

伊豆旅行2日目

伊豆旅行2日目

この日はまず、河津町で開催されている河津桜祭りを見に行きました。

今年は2月5日~3月10日まで開催されています。

まず、この河津桜の原木を見に行きました。

まだ、2分咲きぐらいでした。

P1040575

それから、川沿いの桜を見に行ったのですが、まだ1分咲きぐらいで、

ほとんど鑑賞できなかったのですが、私はその周りの地元の美味しい

屋台に目移り

散歩しながら、試食と美味しいものをたくさんゲットしました(笑)

満開の時期はこのようになるようです。

Kawazusakura11

*あるホームページより参照

おそらく今週末より来週・再来週あたりがきれいなのではないかと思います。

桜はあまり鑑賞できなかったですが、いろんな春の花を鑑賞できました。

菜の花

Img_2429

梅の花

P1040513

水仙

P1040585

民家の岩垣に生っているイチゴ

P1040582

やはり春はいいですね~~~。

それから、河津のもうひとつの観光名所河津七滝

ここは7つの滝をめぐるハイキングコースがあるのですが、

私たちは4滝見学しました。

その中で、一番の人気スポット初景滝

P1040596

小説「伊豆の踊子」で有名なところで、踊子と青年のブロンズ像が飾られて

いました。

そして、帰りは箱根方面に周り、夕方無事家に着きました。

2日間とってもいい天気に恵まれて、また気候も暖かく

良い旅行・ドライブができました。

伊豆まだまだ行っていないところが多く、また、ゆっくり旅してみたいな~

| | コメント (8)

伊豆旅行1日目

先週主人が中国の春節休みで一週間帰ってきていたので、

主人の両親と4人で伊豆旅行に行ってきました。

マイカーにて首都高速道路から東名高速道路へ

東名高速道路に入ったら、富士山がだんだんと近づいてきて、

前に右に後ろに次々といろんな富士山の様子を眺めながらドライブできました。

お天気もとってもよかったのできれいに見えました。

P1040487

富士山やはりいつ見ても雄大!♪富士は日本一の山~~♪と

歌いたくなっちゃいます。

沼津インターで高速を降りて、まず、昭和40年代ごろまで皇室の御用邸で

あった沼津御用邸記念公園

P1040489

Img_2387

御用邸部屋の中は多くの部屋で仕切られていてとっても広い。

当時の生活様式がしのばれる家具なども見ることができました。

そして、女官室にはひな人形が飾ってありました。Img_2376

この吊るしてある飾り雛は、伊豆独特のひな飾りで、

昔、裕福でない家では、お雛様がなかなか高くて買えなかったので、

母や祖母が娘のためにひとつひとつ手作りで雛を作り、

つるし飾ったものなんだそうです。

ひな壇のひな飾りもきれいですが、このつるし雛もひとつひとつ特徴が

あり、また色とりどりの布で作られているのできれい!!

御用邸の庭もとても広く、またきれいに手入れされているので、

見応えありました。

それから大瀬崎から見た、富士山

P1040524

空にぽっかりと浮かんだように見える富士山。

それから、西伊豆を周る予定だったのですが、時間が押してしまったため

中伊豆の方へ走り、石川さゆりさんの歌で有名な「天城越え」の浄蓮の滝へ

P1040529

歌とこの滝の名前からして、ちょっと雄大なる滝をイメージしていたのですが

普通の滝でした

そして、河津町にある今夜のお宿「花の風」

全体のイメージ写真がないので、ホームページをご覧ください

花の風ホームページ

http://www.hananokaze.com/

ここは各部屋に温泉があり、ゆっくりと温泉でくつろぎ、夕食をいただきました。

温泉はちょっとぬるめでしたが、上がったあとに肌がつるつる、

そして、あとから体がぽかぽかとしてきました。

夕食は、海鮮尽くし

主人が、とにかく海鮮を食べたくて、この宿を選んだというぐらい、

伊豆の活きのいい、海鮮(刺身・伊勢えび・あわび・サザエ・金目鯛などなど)

の10何種類かのコース料理でした。

P1040547

刺身の船盛り

P1040563

金目鯛の姿煮

P1040564

伊勢海老と蟹の味噌汁

もう、お腹がはちきれんばかりに海鮮を食べつくしました

海鮮もよかったのですが、この宿の特徴は、宿の名前が「花の風」というだけ

あって、宿の廊下や部屋に宿の女将さんのお母さまが作られた押し花?!

の絵が飾ってあります。

これが、また見事!!というぐらいきれい。

P1040572

これは、主人の両親の部屋の絵ですが、月下美人の花をモチーフに

作られています。

他にもいろんな花・木などで作られた作品が多くあり、これを鑑賞できるのも

この宿の特徴だと思います。

今からの季節は、外に桜並木もあるのでとってもきれいだと思います。

おススメのお宿です。

| | コメント (4)

信州長野の旅(3)

2日目山を下り、向かったのは長野市の善光寺

Img_2100

私は、初めての善光寺参り。

日本での祈願を今年はしていなかったので、ちょっと遅くなったけど

家内安全の祈願をしました。

そして、善光寺周辺のお店で長野名物、信州そばを食べました。

歴史ある老舗のそば処「小菅亭」のおそば

201010_100

細麺なのにとてもこしがあり、美味しかったです。

そして、これも長野名物、「おやき」

201010_102_2

私は、さつまいものほうを食べました。中にあんことさつまいもが重なるように

入っていて、もちもちの外の皮と合い、美味しかったです。

この日は、あいにくの雨だったので、早めに2泊目の旅館に入りました。

泊まった宿は、「貴賓館旅亭たかの」

写真を撮り忘れたので、ホームページをどうぞ

http://www.ryotei-takano.jp/index1.htm

夫が、昨日の山小屋?!とは違い、ちゃんとした旅館だよ!

ということで、期待していきました。

私たちの部屋は、一番奥の「亀の間」だったのですが、

部屋に露天風呂があり、なんと茶室までついているとっても広い部屋でした。

温泉は、部屋の露天風呂、外に時間割での家族風呂、後男女別のお風呂

と3ヶ所にわかれていました。

お湯が昨日の山小屋?!の湯とは全然違いさらっとしていて、無臭でした。

でも、心地よく温まりました。

そして、楽しみにしていた食事。夜・朝ともに部屋食。

秋の山の幸をふんだんに取り入れた、和食のコースでした。

その中で一番美味しかったのが、松茸の土瓶蒸し。

201010_122

香り、味ともにこんなに優しい繊細な物は初めてといっていいほど、

いままで食べた土瓶蒸しのなかでも一等!!美味しかった

ほかの料理も、京風なやわらかい優しい味付けで、量的にもちょうどよかったです。

そしてあくる日。9時半ぐらいまで、旅館でゆっくりと過ごし、

ちょっとお天気回復したので、美ヶ原高原の方へドライブしました。

私が運転したのですが、途中のカーブがかなり厳しく、怖く、のろのろ運転。

でも、夫に運転させていたら、きっと酔っていたと思うのでよかったです。

そして、美ヶ原高原美術館

広大な高原の土地に、多数のアーティストの作品がありました。

201010_150

ゆっくりと散歩しながら鑑賞しました。

私の中で、良かった作品(芸術作品あまり見方がわからないので

あくまでも私の見た感じです)

第3位

201010_144

多くの人が足と足とで結ばれているおもしろい作品。

第2位

201010_152

近くで見るとかなり大きく、足の血管までみごと!足に止まっているのは、バッタ。

そして、第1位

201010_138

なんともないような作品にみえるかもしれませんが、私はなぜかとても

印象に残った作品でした。

ここは、芸術作品を鑑賞できたり、また、高原のながめ、それから

自然の植物などを鑑賞するのにもとてもよい所。また、訪れてみたいです。

そして、ビーナスラインをドライブし、夕方無事家にたどり着きました。

3日間よく遊び、よく食べました~

そしてそして、主人はその二日後、また、常州へ帰りました。

| | コメント (6)

信州長野の旅(2)

さて、今日はこの旅のメイン立山黒部アルペンルートの旅

ここは実際は、長野県と富山県の県境付近。

コースは、扇沢→黒部ダム→黒部平→大観峰→室戸ターミナルまで、いろんな

交通機関を使って移動して行きます。

まず、マイカーを扇沢に駐車し、扇沢→黒部ダムまではトロリーバスにて移動。

黒部ダム

201010_036

「世紀の大事業」といわれた、このダムの建設。「黒部の太陽」というドラマを

昨年見ていたため、ちょっと感慨深いものがありました

そして、黒部湖→黒部平までケーブルカーでトンネルの中を上って行きます。

黒部ケーブルカー

201010_040

そして、黒部平→大観峰まで立山ロープウェイで上ります。

Img_2051

ロープウェイからの見晴らしは最高!なんですが、私は高所恐怖症のため、

カメラは夫にまかせて、できるだけ上を上を眺めていました

右下は黒部湖、この日はあまりお天気は良くなかったのですが、雲はかからず、

きれいに山々の景色が見えて、そしてなんといっても紅葉がとても美しかった

201010_081

そして、大観峰→室堂ターミナルまで、立山の中を走る立山トンネルトロリーバス

にて移動。

そして、立山室堂。もうここは標高2450メートル。

201010_062

やはり、山の上ちょっと肌寒かったですが、立山連山の雄大さに感動!!

これは地獄谷。硫黄がすごく、そのにおいがぷんぷん!

201010_067

そして、主人から「山小屋に泊まるからね」といわれていた宿がこちら

201010_066_2

あれ、山小屋???ホテルじゃないの~~~。

部屋は、私たちの部屋は6畳一間の畳の部屋で、ただ寝泊りするだけの部屋。

トイレや洗面所は共同、お風呂も共同風呂(もちろん温泉。ここの泉質はかなり

いいとか?!)

食事も、泊り客が全員一同に食堂で食べます。

そう、ここはハイキングや登山客専用の宿。主人が言うには、山にある宿としては

三ツ星ぐらいの立派なお宿なんだそうです。

温泉は、泉質がいいからか、すぐに温まりました。

でも、夜やはり標高が高いところなので、体が重く痛いところもあり、

あまりよく寝付けませんでした。

そして、あくる日。天気がよかったら、この室堂をハイキングしたかったのですが、

あいにくの雨。山も昨日とは一変、雲がかかりほとんど見えなかったので、

ハイキングは断念し、山を下りました。

続く

 

| | コメント (2)

信州長野の旅(1)

先週から一週間、主人が中国国慶節のお休みで帰国していました。

主人にとっては久々の日本での休日。

信州長野の方へ、2泊3日の小旅行に行ってきました。

旅行一日目

朝早く家をマイカーで出発。

上信越自動車道を走り、まず向かったのは、長野県東御市にある、

この地で昔豪族として活躍した海野氏の宿場町へ。

Img_2015

江戸時代に建てられた旅籠屋造りの建物が特徴で、昔の生活の様子が

うかがえる建物や資料そして町並みでした。

それから、松本市へ

四百年前に建てられた、国宝松本城

201010_023

お城の中も見学することができ、最上階まで上りました。

六家二十三代の松本家藩主が住居または戦いの場としたお城だそうです。

最近中国を旅して中国のお城もいくつか見ましたが、日本のお城はまた

中国のお城とは違い、華やかさはないけど、威厳があるかな~なんて思いました。

次に、明治時代に造られた日本でもっとも古い小学校のひとつといわれている

旧開智学校

201010_024

和風と洋風の入り混ざった校舎で、その当時の文明開化を象徴する造りに

なっていました。

実際、現在は使われていませんが、国の重要文化財として公開されています。

201010_032

校舎内の講堂。ステンドガラスの窓や、ライトが洋風な感じでおしゃれです。

201010_030

当時の国語の教科書

ちゃんと挿絵があり、子供たちにわかりやすいように作られていたようです。

そして、この旅のメインの地、黒部ダム~室戸平へ

この様子は、明日アップしま~す。

| | コメント (2)