« 一時帰国 | トップページ | ラサ旅行(3日目) »

西寧&青蔵鉄道の旅(1・2日目)

日本に帰ってきて3日経ちました。昨日・一昨日は最高気温が26・27度ぐらいで

とても過ごしやすかったのですが、今日は最高32度ぐらい。

そこまで高い気温ではないですが、蒸し暑い!!

節電を言ってますが、お昼すぎるとじっとしているだけでも汗をかいて暑く、

何もする気にならないので、29度設定でクーラーを入れました

さて、大変遅くなってしまった旅日記、今日から書くぞ~~~!

        :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2011年8月15・16日(月・火曜日)旅行第1・2日目。

上海浦東空港より青海省の省都西寧(せいねい 中国語読みではシーニン)へ

飛行機で移動

西寧は漢民族・イスラム教徒の回族・チベット族・トゥ族といわれる民族が住んで

いる街のようで、特にイスラム教徒らしい白い帽子をかぶった人々を多く見かけ

ました。

ここで、チベット仏教のタール寺を観光。

Img_2992

中の様子は、撮影禁止だったので写真がないのですが、一番興味深かった

のは、ロウソクがバターで作られていて、そのバターで作られたロウ彫刻?!が

とても見事できれいでした。(融けないように温度管理がされていました)

その後、夕飯をいただき、西寧西駅へ

P1060778

ここから、夫がと~~~ってもこの旅で楽しみにしている、青蔵鉄道に乗って

ラサまでの25時間鉄道の旅出発です。(実際この鉄道は上海~ラサの便です)

夜20時50分ぐらいに乗車。私たちは、一等寝台車の上下。

夫に言わせると、この車両に乗るのも通にとってはプレミアだとか??!!

Img_3276

寝台の様子

P1060793

寝るところは横幅1メートルぐらい、テレビ・ライトもついていて、

Img_3024

頭の方に、酸素排出機がありました。(高度4000m~5000m地点を走るので)

乗車した時はすでに外は真っ暗だったので、お隣の方とあいさつを交わして

その夜は、すぐに眠りにつきました・・・・が、夜中だんだんと腕と足が重く

なってきて、頭も少し痛く、高山病対策の水分をとるのと、複式呼吸を1時間

ぐらいしたらだいぶよくなり、朝までぐっすり休めました。

高山病対策のひとつとして、西寧のガイドさんが良いと売ってくださった(150元)

この薬(漢方薬)も朝・夜飲みました。

Img_3277

(この薬のおかげもあったのか、旅行最終日まで多少頭痛はありましたが、高山病の重い症状に

かからず元気に過ごせました)

朝、7時過ぎに起床。

西寧のガイドさんが下さった、パンとコーヒーで朝食をとり、あとはひたすら

外の景色を眺め、写真を撮りました。

途中の景色です。

Img_3019

ひたすら広がる大平原。

Img_3040

羊の群れ

Img_3083

雪山も見えてきました。とってもきれい!!

Img_3086_2 

途中海抜高度4000mのあたりをずっ~~と走り、途中5000mを越した

みたいでしたが、アナウンスが聞こえず、どこだったのかわからず、夫は

「どこだったんだろう~~」と悔しがっていました

P1060821

途中大きな湖も見えました。前の黒い動物はヤクです。

そして、夜8時過ぎにラサ駅に到着。

到着した時は、まだ外は明るい。

P1060890

実際、ちょっと早く到着したので、23時間ぐらいの列車の旅でした。

長いかな~と思っていましたが、移りゆく景色を眺めていたらあっという間でした。

それにしても、夫は食事をするとき以外は、ず~っとカメラを持ちうろうろしながら

写真を撮りまくっていました。彼が撮った枚数だけで300枚近く!!

彼にとってはウキウキワクワクの列車の旅だったようです

つづく

|

« 一時帰国 | トップページ | ラサ旅行(3日目) »

中国国内旅行」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
日本は(埼玉)常州より涼しいでしょ?

5泊6日の列車の旅ってどこへ行くのかしら?
と思っていましたよ。

私もこの青海鉄道に乗りラサに行きたかったんです。
ワクワクドキドキ、ご主人と同じ気持ちです。

早く次のを詳しくアップしてくださいね。
楽しみ!!

投稿: 八木田 | 2011年8月25日 (木) 09時18分

お久しぶりです~!お帰りなさい。
青蔵鉄道、あこがれます。列車はとても快適そうですね。
写真を見ているだけでもワクワクします。
私もいつか乗るぞー!

投稿: seico | 2011年8月25日 (木) 16時44分

八木田様へ

私が帰ってきてから、こちらは天気が悪く、
あまり暑くはないですが、ジメジメムシムシといった感じです

私は、いつも旅行は主人のお供をするといった感じなので、
この青蔵鉄道もこの旅で始めて知りました。
25時間か~~と思っていましたが、移りゆく景色を眺めていたら
あっという間でした。
中国の広さを感じた、青蔵鉄道の旅でした。

八木田様もいつか行ってみてくださいね


投稿: あひる姫 | 2011年8月25日 (木) 19時22分

seicoさんへ

ただいま~~~!
こちらは、毎日ジメジメムシムシした天気でちょっと体が重い感じです。
でも、食欲だけはGOOD!!
日本食毎日美味しく食べています。
長崎はいかがですか?

青蔵鉄道の旅、長いかな~と思っていましたが、
美しい景色を眺めながら、あっという間に時間は過ぎていました。
seicoさんもいつか、家族で旅してみてくださいね

投稿: あひる姫 | 2011年8月25日 (木) 19時26分

こんにちは!チベットへいきたいですが、なにか許可を申請しないといけないらしい、またはガイドさんつけないといけない。本当ですか?

投稿: Emily | 2011年12月 1日 (木) 14時04分

Emilyさんへ

チベット自治区の旅行には、入境許可書が必要です。
表向きはガイド同伴で移動することになっているようです。
私達は、最初から旅行会社にガイド付きでお願いしました。
ただ、ガイドさんなしの外国人旅行者もみかけたので、
本当のところはどうかよくわかりません。

投稿: SHIHO | 2011年12月 1日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一時帰国 | トップページ | ラサ旅行(3日目) »