« 中国年賀状 初めてのエアメール | トップページ | 治らぬ風邪 »

二胡のレッスン(4)

昨日は、こちら常州でも小雪がぱらつきとっても寒かったです。

そんな中、二胡のレッスンへ行ってきました。

いつもは、暖房なしでレッスン受けていたのですが、さすがに寒かったので、

先生が始めて暖房を入れてくれて、暖かい中でレッスン受けることができました。

昨日でもう8回目のレッスン。

今、いろんなテクニックの練習に入っていて、昨日はビブラート奏法、音を滑らせる

滑音という奏法、浮いた音をだす奏法などを見てもらいました。

滑音と浮いた音を出す奏法は、だいぶ上手になったのですが、ビブラートがうまく

かけられず、四苦八苦

二胡の演奏にはかかせないビブラート。これがうまくかけられるようになったら、

二胡らしい演奏ができるようになると思うのですが・・・・。

指・手首がうまく動かず、不自然な演奏に!

先生の手本を見たら、簡単にしているようなのですが・・・・。

そもそもこのビブラート奏法、だいたい二胡を習って一年ぐらいたったころから

はじめる練習なんだそうですが、去年までいっしょにレッスンを受けていた友達

がこの奏法を習い、それを見ていた私ももうできると思ってか練習することに・・

まだ、早いような気もするのですが、まああせらずゆっくりとできるようになったら

いいかな?!という気持ちで取り組まなきゃ!!

その他、昨日は10ぐらいのテクニックを先生が流して教えてくれました。

先生の演奏を聞いていて、本当にこんなに二胡にも奏法があるのかとびっくり

これをマスターするのは大変だ~~~と思いましたが、

先生が「これらは曲のなかでひとつひとつできるようになればいい」

とおっしゃっていました。

さて、言葉の問題ですが、レッスンに関しては、話し言葉は全体的にわからなくても、

ゼスチャーで示してくれたり、書いてくださったりするので大丈夫です。

ただ日常の会話になると、聞き取れないし、私が答えられないことが多くて、

話がとぎれとぎれになってしまうことも・・・。

でも、先生は全然気にせず接してくださるので、私も楽な気持ちでいられます。

今回の滞在でのレッスンは後2回。

少しでも上達できるよう練習あるのみ 加油

|

« 中国年賀状 初めてのエアメール | トップページ | 治らぬ風邪 »

二胡」カテゴリの記事

コメント

最近毎日寒いですねー!
暖房なしの楽器のレッスンは
ちょっと指がこわばりませんでしたか??

二胡を習って1年ぐらいで習う奏法を
もう教えてくれるのは
きっと一曲一曲をマスターさせてくれようという
先生の愛情かもしれませんね~(o^-^o)

投稿: ViVi | 2010年1月13日 (水) 10時17分

viviさんへ

最近ほんとうに寒いですね。
日本も大寒波がやってきているとか?

いままでのレッスンは、暖房なし、たまに寒いのに
窓まで開けてレッスン受けていたこともありました(中国式?!)
だから、いつもレッスンに行くときは、カイロを腰に
貼って、重ね着して行ってました。
指は冷たいのですが、さすがにレッスンにはいると
緊張で寒さも忘れていたのですが、
先日は暖房が入り、やはりちょっと指の動きも違った
ような?!
テクニックは、難しいですがやはりこれができるように
なると、二胡らしい演奏にちょっとなってくるかな?
とにかくがんばります

投稿: あひる姫 | 2010年1月13日 (水) 11時48分

暖房なしで弦楽器を演奏するのはつらそうです。
私は特に冷え性なのできっと手がかんじかんで
弾けないと思います~(´;ω;`)ウウ・・・
もうビブラートの練習ができるなんて
先生はあひる姫さんの才能を見抜いているんでしょうね♪

今日の長崎は数年ぶりの大雪です。
でも常州ほど気温は下がらないんですよね。
暖かい部屋から見る雪景色はとってもきれいです

投稿: seico | 2010年1月13日 (水) 16時19分

seicoさんへ

私も冷え性ですが、レッスンになると弾くこと
に集中するせいか、あまり寒さは感じないのですが、
やはり先日暖房がはいったら、少し指の動きがちがったような?!
テクニック難しいですが、少しづつできるようになると
本当に楽しい
中国語も聞き取れるようになるともっと楽しいと思うのですが・・・・。
やはりこれも練習しかないですね。

日本は大寒波が訪れて、九州地方も大雪だったみたい
ですね。
ニュースで長崎の様子も報道されていました。
雪景色みるだけだときれいですよね

投稿: あひる姫 | 2010年1月14日 (木) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国年賀状 初めてのエアメール | トップページ | 治らぬ風邪 »