« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

中国常州市 「恐竜公園」

中国常州市の観光スポットのひとつである、「恐竜公園」へ行ってきました。

057公園の中へ入ったら、いたるところで恐竜の像を見ることができました。

これは、なんという恐竜でしょう?

060これは、まるでジェラシックパークのような光景です。

058これは、主人が名前を知っていて、「ティラノサウルス」だそうです。

061そして、恐竜博物館へ

ここでは、中国のいろんな地区で発見された海の生き物の化石や、恐竜の化石

鳥などの化石を見ることができました。

064恐竜の化石の種類が多く展示されていて、どれも圧倒されました。

中国語の表記でしか説明がないのですが、肉食・草食、恐竜の身体のつくりなど

特徴がよくわかり、また、生活ぶりも少しわかり、

なんとなく時がこの時代へとタイムスリップしたような感じでした。

中国という広い台地から発見された、恐竜達、見ごたえ十分でした。

他の場所では、プール、子供向けの遊園地や大人も楽しめるようなちょっと

ハードな乗り物などありました。

(私は、高所恐怖症なのでまったくどの乗り物にも乗れません

066子供たちが夏休みの間は、夜の11時までオープンにしていて、

夜は、パレードがあったりするみたいです。

また、季節ごとにいろんなイベントもあるみたいです。

子供も大人も(特に恐竜に興味のある人)一日楽しめるテーマパークです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中国常州生活 日常生活編(二胡)

今日は、昨日に続いて日常生活編(二胡)です。

こちらに来て、なにか中国の民族楽器を演奏できるようになりたいと思い、

二胡をはじめてみました。

055この二胡は、夫の会社の同僚の方からお借りしているものです。

私は弦楽器を練習するのは始めてで、どうかな?と思っていました。

案の定、最初はキコキコのこぎりのような音がして、夫に「騒音だー」と

言われましたが、やはり練習。最近は、二胡らしき?!音になってきました

弦楽器は、音程が定まるまでが難しいです。指の位置が少しずれてずれて

しまったら、音程があれあれ??(耳もよくないとダメですね)

音階の練習からはじめ、「きらきら星」「エーデルワイス」「ふるさと」と

だんだんとレパートリーが増えてきました

今は、中国の民謡なども少し練習していて、レパートリー10曲ぐらいには

なりました(まだまだ音はキレイとまでは言えませんが・・・・・)

これからは、いろんなテクニックを練習していきたいな~と思っていますが・・。

テクニックとなるとやはり習いに行かないとダメなのかな~。

とにかく教本を見て、がんばってみたいと思います。

いつか、紅梅公園でデビューできる日を夢見て(*≧m≦*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国常州生活 日常生活編(ピアノ)

今日は、私事ですが常州での日常生活のことを書きたいと思います。

私は、現在専業主婦。平日は、一人でゆっくりとした時間を過ごしています。

そのなかで、今日は私の暇つぶし?!

1・ピアノ編を書きたいと思います。

私の第一の趣味は、「音楽」。鑑賞も好きですが、いろんな楽器を演奏することも

大好きです。

その楽器の中で、一番すきなのがやはりピアノ。

けっして上手ではないですが、今でも毎日ポロポロと好きな曲を弾いています。

053こちらに来て、夫に頼んで買ってもらった電子ピアノです。

中国で製造された?!「YAMAHA」の電子ピアノです。

ピアノのタッチが、グランドやアップライトのピアノまではいきませんが、

打鍵しやすく、強弱もある程度つけられるのでとても気に入ってます。

リズムやいろんな楽器の音色、中国の民族楽器の音色まで入っていて、

たまにいろんな音色で遊んでいます

リズムもポピュラー音楽などにつけて演奏すると楽しいです。

ピアノを弾き出すと、2時間ぐらいあっという間に時間がたっちゃいます。

私の暇つぶしのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国常州生活 交通マナー編

私が、始めて中国へ来たときに一番始めに感じたのが、中国の交通マナー。

良いか悪いかは別として(国の習慣がちがうので)交通マナーで感じたことを

今日は書きたいと思います。

1・車のクラクションの音がうるさい。

 とにかく、車・バス・タクシーとむやみやたらとクラクションを鳴らします。

 日本だったら騒音苦情が絶対でるぞーというぐらいです。

2・信号があってもないようなもの

 主要な大きな道路では車の信号無視はないですが、普通の道など信号無視は

 当たり前です。人も、赤で止まって待っている人はいません。

 車が通っていても、平気で車の間を抜けてわたっていきます。

 052

車もクラクションは鳴らしますが、ゆっくりと徐行して運転してくれて、

 上手によけて走ってくれるところがある意味すごいです。

 お互いサマなのかな~と思ったりもしますが・・・・・。

 日本では学校で交通マナーの特別授業などもありますが、中国では

 子供にどのように交通マナー教えているのかな?!なんて思ったりもしますよね。

 私は、来たはじめはなかなか道路渡るのが怖かったです。

 でも、そんなこと言っていたら、永遠に?!わたれないので、

 信号は守るようにしていますが、信号のないところなどはちょっと中国人化して

 きているかもしれません

3・車の運転手のテクニックはすごい!

 こんな交通マナー状態なので、車やバス、タクシーの運転手の運転テクニックは

 ある意味すごいな~と思います。

 タクシーに乗っていて、いままで何度ヒヤヒヤしたことか・・・。

 ぶつかりそう~と思っても、対向車線にはみだそうがなんだろうが、とにかく

 上手によけてきりぬけます。

 そして、道路の車線変更は、ほんとうに我先に我先にといったかんじなので、

 ジグザグ運転あたりまえ。(乗客のこと少しは考えてよ!!とたまに思いますが・)

 こんな運転状態なのに、いままであまり交通事故の現場を見たことがありません。

 だから、中国人の運転テクニックはすごいな~なんて思ったりもしています。

4・電動自転車(バイク)

 道を歩いていて、もうひとつ怖いのが、電動自転車(バイク)です。

 歩いていて、急に横切るものが・・・・。

 エンジン音がしないので、近づいてきたことがわからないのです。

以上、今から中国(常州市)に来られる方は、これらのことを踏まえて、

交通安全には気をつけて、歩いてくださいね。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国常州生活 交通編

またまた、常州生活の様子をお伝えしていきたいと思います。

今日は、常州生活「交通編」です。

常州市内のちょっと遠くまで買い物に出かけたり、用事があるときなどは

よくバスを利用しています。

常州市内の路線バスは108本あるようで、運賃は市内だと1元(約15円)なので、

安くてとても便利です。(まだまだ本数が増えていっているような・・・・)

051_2市内を走っている、路線バス(BRT)です。そのほか、中型バス、小型バス

などが走っています。(ほとんどクーラーきいていますが、小型バスでたまに

まだ、天然クーラーのバスもあります。)

荷物の多いときや、急いでいるときなどはタクシーを利用します。

初乗り8元(約120円)です。でも、常州ではガソリン附加費1元をプラスして

はらわなけれいけません。それでも9元だから安いですよね。

日本のように、運賃が高くないので、バスもタクシーもとても利用しやすく便利です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四川省旅行(ゾルゲ) 4・5日目

四川省旅行4・5日目です。

この日は、九寨溝からゾルゲへバスにて移動。(約5時間)

移動途中、ヤクの大群に何度も会いました

Img_0765そして、だんだんと登っていき、なんと海抜3840m

富士山頂上よりも高いところです

Img_0782そして、山々の風景から大草原の風景へ

その大草原を走っている途中で、急に渋滞に?!

何??と思ったら、政府の高官がその先を通過するらしく、1時間近くそこで

足止め。でも、バスを降りて、大草原の風景を堪能しました。

P1020006ヤク飼い(カウボーイ)のお兄さんに馬に乗せてもらいました。

ちょっと怖かったけど、馬っておりこう 私が乗っている間、ぜんぜん動かな

かったです。

P1020016ようやく、ゾルゲへ到着。

ここでは、大草原の美しい湖【花湖】を散策。

P1020037果てしなく続く大草原の中の湖。あれ?!ヤク?いやいや夫です

しばらくここでガイドの李さんが用意してくれた、紅茶とお菓子でティータイム。

でも、途中から急に風が強く、寒くなり帰ろうとバスが来るのを並んで待っていた

ら、来たバスに後から並んだ中国人観光客に割り込まれて乗れず

(乗っていた人が一人もまだ降りていないのに、我先にと乗り込んでいく中国人!

これには、ガイドの李さんもあきれかえっていました)

しかたなく、大草原の中を30分近く歩き、ようやく迎えのバスが・・・・。

この日は、ゾルゲのホテルへ泊まりました。

次の朝、朝4時出発で黄河の流れが大きく湾曲する【九曲黄河第一湾】からの

日の出を鑑賞しに行く予定だったのですが、私は、夜中頭痛に悩まされ(かるい

高山病の症状)ホテルで休むことに。

夫が行って、撮った写真がこれです。

Img_0861日の出は、この日は残念ながらこの天気で見ることができなかったんだそうです。

見ることができたら、とっても感動的だっただろうに・・・・・・(私は、それどころでは

なかった・・・・・・)

そして、飛行機を乗り継いで、夜9時前に上海に無事到着しました。

4泊5日という旅、今回はツアーということで、参加者は中国駐在者(ほとんど上海)

の家族や夫婦、単身赴任者でした。

年齢も様々でしたが、駐在中のいろんな話などを聞けて、よかったです。

旅も、ちょっと後半体調崩しちゃったけど、四川の自然を満喫できて、

思い出深い旅になりました。

その中でも、九寨溝が一番よかったかな?!もし機会があったら、今度はまた

違う季節に行ってみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四川省旅行(九寨溝) 3日目

四川省旅行3日目 この日は、この旅のメインでもある世界遺産 九寨溝観光。

天気を心配していたのですが、朝起きたら雲ひとつない快晴

まず、九寨溝の入り口まで歩いていき(バスが入れないため)そこからは、

天然ガス使用の専用グリーンバスにて、ポイントごとに観光をしていきます。

P1000944環境に配慮しているところが、やはり世界遺産ですね。

まず、九寨溝はYの字のような形になっていて、右側の方からまわりました。

これは「箭竹(ヤダケ)海」

Img_0615朝の早い時間で、風がなかったため鏡のようにきれいに湖面に風景が

映し出されています。緑と澄んだ空の青さがとってもきれいでした。

続いて、「五花海」

Img_0661この透明度!コバルトブルーの湖の色とその底に生えているこけの緑が

とてもきれいです。

Img_0657九寨溝に唯一生息している魚です。こんなきれいな水の中だと魚たちも

気持ちいいでしょうね。

続いて、「珍珠灘瀑布(ちんじゅたんばくふ)」

P1000929青い空、緑の山、マイナスイオンいっぱいの滝、ん~~気持ちいい

私のお気に入りの写真です。

Img_0694これは、夫がちょっとスローシャッターという技を使って写した写真です。きれい?!

そして、午後からY字の左方向の一番頂上の湖「長海」

ここは、九寨溝の中でも最も大きい湖です。

Img_0709太陽の光があたり、本当にきれいなブルーの湖。

そして、チベット民族の民芸村を訪れて、ここでバター茶というお茶をいただき

ました。バターと砂糖と粉(説明されたけど忘れちゃった)とヤクの乳?!

を混ぜ合わせたお茶。

P1000968

Img_0736香ばしい香りがして、美味しかったです

一日ゆっくりかけてまわった九寨溝、まだまだ見所はたくさんあって、

全部をブログにアップできないのが残念

とにかく大自然を十分に満喫できた一日でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四川省旅行(黄龍) 2日目

四川省旅行2日目です。

まず、この日は成都空港から九寨溝空港へで移動。

到着後、バスにて【黄龍】を目指しました。

途中車窓から見える、ミンザン山脈の山々の景色がとてもきれいでした。

その中でも一番高い山、「雪宝頂」です。

Img_0525そして、いよいよ世界遺産「黄龍」へ到着。これが、登山口です。

Img_0531でも、ここからは登らず、中腹までロープウェイで登りました。

ロープウェイ降り場から頂上まで、一時間ぐらいのハイキング。

標高が3500メートル以上あるところを少しづつ登っていきます。

最初はよかったけど、上り階段が続いてくると息が苦しく、足が重く、

途中休憩をとりながら、ゆっくりと登っていきました。

(途中酸素吸入ができるところが何箇所かあります)

これが、登っていく途中の風景です。

Img_0553_2

P1000789黄色い石灰岩?!の上を清水が滝のように流れています。

このような光景が上から下まで続いていて、龍のように見えることから「黄龍」

と名づけられたみたいです。

(写真では、ちょっと泥水が流れているようにみえるかもしれませんm(_ _)m)

そして、登りついた黄龍のハイライト、「五彩池」がこれです。

Img_0591

P1000760この日は、午前中はとても天気がよかったのですが、私たちが登り着いた時

は、曇りのお天気。でも、このようになんとも言えないきれいな色の光景を見る

ことができました。

そして、下りは登山口(4キロぐらい)までず~っとハイキング。

上のような池や滝を眺めながらのハイキング。途中雨が降りだし、ちょっと寒く

なったのですが、きれいな光景に癒されながら下りました。

下り着いたら、さすがに足がパンパン。

それから、バスで九寨溝へ4時間かけて向かい、ホテルに着いたのは午後8時半。

この日は、九寨溝のホテルに宿泊しました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四川省旅行(成都) 1日目

久しぶりにブログの更新です。

8月11日から17日まで、前後上海2泊をはさみ四川省の方へ旅行に

行ってきました。今回は、上海のN旅行会社のツアー旅行でした。

まずは一日目。上海から飛行機にて成都へ移動。

成都空港にて、今回の旅行参加者(20数名)とガイドの李さんと合流。

その後、成都の「成都パンダ繁殖研究センター」へパンダの見学へ。

パンダの85%は四川省に生息しているらしいです

Img_0318私は、生パンダを見るのは始めて、かわいいですよね~。

この日の外の気温は32度ぐらい、パンダは暑さに弱いらしく、この日は

檻の中で休んでいるパンダしか見ることができませんでした。残念!!

涼しい日は、外で遊んでいるパンダを見ることができるのだそうです。

この写真のパンダは成人したパンダですが、他にも子パンダやまだ生まれて

3週間というパンダも見ることができました。

それから、三国志の蜀(四川省はちょうど蜀の国にあたるそうです)で活躍した

武将が祀られている「武候祠」を見学。

Img_0365写真は、諸葛孔明です。諸葛孔明は、言わずと知れた蜀の国の宰相。

他にも、劉備や関羽など有名な武将の像がありました。

三国志は最近少しだけ知っているので、ガイドさんの話はとっても

興味深かったです。

そして、夕食は四川省の名物、「陳麻婆豆腐」と四川料理をいただきました。

本場の麻婆豆腐は、私は辛くてほとんど食べられなかったです(悲)

夕食後、四川の民族芸能を集めたショーを見ました。

二胡の演奏、影絵、人形使い、などなど見所、聞きどころたっぷりの一時間15分

ぐらいのショーでした。

Img_0482

Img_0483 これは、「変面」と言われる、四川の郷土芸能で、仮面が一瞬にして変わり、

また一人の人がいくつもの顔に変身していくという見ていてとてもおもしろく

不思議な芸能でした。

ショーを見終わって、中国にはほんとうにいろんな多種多様な郷土芸能

があり、伝統芸能を絶やさず守り続けていることにとても感銘しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

8月8日は、私たち夫婦の4度目の結婚記念日でした(≧∇≦)

8日の日は、主人の同僚(2人の方と、夏休みでこちらに遊びに来ていた、娘さん)

がタイ料理のお店でお祝いをしてくれました。

エスニックな雰囲気のお店で、料理はちょっと辛いものもありますが

(タイ料理なのであたりまえですが・・・)どの料理も、ハオチー(美味)でした。

一人の同僚の方がバンドの方に、お祝ソングをということでお願いしてくださり

「カサブランカ」?!をバンドの方たちが歌い、

途中からはいっしょにダンスまで(≧m≦)

楽しいひと時を過ごすことができました。

素敵な結婚記念日のお祝いをしてもらい、同僚の方々に感謝ですo(_ _)oペコッ

さて、この3年いろんな出来事があり、まだまだ落ち着いていないですが

(まさか、中国で生活しているなんて・・・・・・)

夫婦仲はいたって良好o(*^▽^*)o

大きな喧嘩も今のところはなく、普段は平穏な日々を過ごしています。

後2~3年?は今のような生活が続くと思いますが、

いままでどおり2人仲良く、お互いに成長(心)しあいながら過ごしていきたいです

ね、ご主人様・・・・・ヽ(´▽`)/

話は変わり、明日から夏休みで中国国内の旅行に1週間行ってきます。

なので、しばらくブログお休みしますm(_ _)m

また、帰ったら旅行のことなどアップしま~す。

そのときまでサヨーナラー(_´Д`)ノ~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国映画「カンナさん大成功です!」

韓国映画「カンナさん大成功です!」をDVD視聴しました。

この作品は2006年日本の漫画家鈴木由美子さんのコミックを映画化し、

韓国のアカデミー賞で最多12部門ノミネートを成し遂げたラブコメディーです。

049_2 【あらすじ】

身長169cmにして体重95kgのダイナ

マイトボディを持つカンナ(キム・アジ

ュン)。美声を活かし、歌手になるこ

とを夢見て音楽業界を目指したもの

の、たどり着いたのはスター歌手の

舞台裏で声をあてる、”影の歌手”

の職。スポットライトの当らない舞台

裏に立ち、それでも彼女は満足して

る。その場所に立つときだけは想いを寄せるプロデューサーサンジュン

(チェ・ジンモ)をモニター越しに思う存分眺めていることができる・・・。

そんな彼女にやがて決定的な転機が訪れる。ある日聞いてしまったサンジュン

の本音ー「カンナには才能はあっても、美貌はない。憐れんで放っておけばいい」

決定的な現実をつきつけられた彼女は、幸せになるために決死の一歩を踏

み出す。それは誰もが予想しえない大胆な一歩、全身整形というまさに命がけ

の方法だったのだが・・・・・。

【感想】

おもしろい作品だったのですが、なぜか感想がぱっと出てこない・・・・。

見所はやはり、カンナ(キム・アジュン)の整形かな?!

というより、カンナ役のキム・アジュンを96キロに変身させた特殊メイク

にびっくりです。本当に同一人物???と思わせるぐらい、本物らしいオデブ

ちゃんになっていますw(゚o゚)w

だから整形し変身したカンナが本当にプロポーションがよく、美人で素敵に

見えます(これが本人なのですが、製作者は映画といっしょで本当に彼女を

配役にして成功だったのでは?!と思いました)

そんな大変身振りだから、まわりのだれも気づかず、カンナもなかなか昔の

カンナであることを言えません。

特に、想いを寄せているサンジュンには、「自分の彼女が整形をしているなんて

いやだな」なんて言われてよけい打明けられなくなります。

でも、整形しても、カンナはカンナであって、昔の自分自身から抜け出せません。

最後は、昔楽譜に書いていた記号と、ドア?!に書かれた記号で、サンジュンが

カンナ本人であることに気づきます。

計画されていた、彼女の初コンサートをまわりの首脳陣は中止させようとしますが

サンジュンが舞台に送り出します。

そして、そこでカンナ自身昔の自分のことをカミングアウトします。

そして、サンジュンが用意していた、昔のカンナの映像がコンサートで流れ、

ブーイングどころか、お客さんの共感を得て、コンサートは大成功に終わります。

笑いあり、せつなさあり、涙あり、家族の大切さありと、いろんな要素がつまって

いるのですが、私は、見る前にレビュー(感想)を読みすぎて、期待度が高すぎた

せいかあまりハマれなかった作品でした。

でも、カンナ役のキム・アジュン、本当に綺麗で(私は、ビビアン・リーに似ている

な~なんて思いましたが・・・・)演技も上手く、歌も伸びのある声でとても魅力的

な女優さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常州生活 買い物編(生活雑貨)

今日は、常州生活 買い物編、生活雑貨です。

生活雑貨といってもいろいろですが、ほとんどの物はあまり日本とかわらなく

あります。

一番私が買うときに頭を悩ませるのが、洗剤などの液体物です。

いろんなメーカーがあり、種類も豊富、値段もいろいろ

いったいどれがいいのか???

シャンプーを買うのにも、中国製品は全部漢字で書かれているので、

シャンプー、リンス、トリートメントの区別がつかないのです

スーパーの店員さんが近寄ってきて、いろいろと説明してくれるのですが、

何言ってるのかさっぱり?!

一応、「これはシャンプー?」と確認だけして購入します。

先日も、洗濯洗剤を買うのに、どれにしようか悩んでいたら、

店員さんに、「これがいい」と裏の洗剤の表示を指しながら何かと説明してくれ

ました。それが、これです。

048

話を聞くと、だいだいですが、「洗剤が

少しの量で良く、柔軟材も入っていて

よごれがきれいにおちる。これでだい

たい毎日使って5ヶ月分ぐらいある」

と言うのです。でも、値段が65元!

「高い」と言うと、

「他の洗剤は1ヶ月ぐらいしかない」と・・・。

そして、その人も今使っているらしく、

「これは、いい!!」と一生懸命説明

するので、負けて、買ってしまいました。

使ってみて、どうなのかあまりよくわからないけど、汚れはおちているように

感じています。

中国製品どうかな?と思っていたけど、今まで購入したものの中で、

失敗したものは特にないです(o^-^o)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

常州生活 買い物編(パン屋)

今日は、常州生活 買い物編のパン屋さんです。

(記事がとびとびになって読みにくいと思います。読みにくい場合、

カテゴリー欄の中国常州市で見てくださいね)

さて、我が家の朝食はパン食。朝は、・ヨーグルトいたって簡単で

ヘルシー?!な朝食です。

だから、毎日パンはかかせません。

大型スーパーのパンは安いですが、ぱさぱさして美味しくないです。

パン屋さんもランクがあり、美味しいところ美味しくないところさまざまです。

でも、私がこちらに来てからそんなにたっていないのですが、

最近新しいパン屋さんが次々にオープンして、いろんなところのパンを買い

ながら味を試しています(*^-^)

でも、お店に行っても、パンも中国語で表記されているので、何がはいって

いるのかさっぱりわからないものもあり、最後は店員さんに

「ジェーガ ハオチーマ」(これは美味しいですか?)

と聞いて買っています。最近は、顔を覚えられて、店員さんから先に

「ジェーガ ハオチー」(これおいしいです)と言われることも

最近オープンしたパン屋さんは、比較的美味しいパンが多いです。

あんパンなど、日本のあんパンより美味しいな~と思うものもありますよ。

ちなみに私の好きな(お気に入り)パンは、クロワッサンとあげあんパンです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画「三国志」

DVDショップに行ったら、日本語字幕版の中国映画「三国志」があり、

早速購入し視聴しました。

あまりというかほとんど私は中国歴史については詳しくなく、「三国志」について

も3国が長い間争った?!ぐらいしか予備知識はないのですが、以前中国に

来たときに「レッドクリフパート1」を視聴したので、少しだけどういう人物がいる

のかぐらいはわかるようになり、この映画「三国志」はどのように画かれている

のか、少しだけ興味があり視聴してみました。

この映画は2008年に製作された映画で、主役の趙雲をアンディ・ラウが演じて

います。

047あらすじ】

戦乱の中国。絶え間ない争いによって国家は分断されていた。貧しい家に生まれ

た〈趙雲〉は祖国統一の夢を抱き、同じ志を持つ〈平安〉とともに【蜀】の君主〈劉備〉

に仕える。〈劉備〉の息子の救出劇など、数々の功績を挙げた〈趙雲〉は、“五虎大

将軍”として【蜀】の軍にはなくてはならない存在になっていき、20年間にもわたり

国を守り続ける。しかし、思いもよらない裏切りに遭い、名誉ある引退直前に最大

の危機が訪れる・・・・・。

(感想)

この趙雲(アンディ・ラウ)を一躍英雄にした戦い。

劉備の息子を背負い、一人で曹操の大軍に向かっていきます。

この戦いぶりは圧巻でした。(ちょっとありえないアクションやそんなことをしたら

きっと赤ちゃんは死んでいるでしょうなんて思いもしましたが・・・)

このシーンは映画「レッドクリフパート1」にも画かれていましたよね。

あれも、すごかったですが、アンディ・ラウのアクションも撮影たいへんだった

でしょうね~と思わせるぐらいすごかったです。

それから、急に時代はさかのぼり(赤壁の戦いはまったくでてきません)

もう、趙雲が引退前という最後の戦いになります。

ここでは、曹操の孫娘〈曹嬰〉が祖父の願いであった趙雲を倒すという使命に

趙雲との決戦に挑みます。

ここも見所のひとつです。〈曹嬰〉役のマギー・Qも女性ながらすごいアクションを

見せてくれます。

最後は、兄と慕ってきた平安の裏切りによって、蜀の軍は全滅し終わりをむか

えます。乱世の世の中で、平和な国を作ることを夢に戦い続けた趙雲を中心

に画いた映画でした。

046 アンディ・ラウ

中国の優名な俳優ということは

知っていましたが、彼の作品を

見るのは始めてでした。

歳をとった趙雲(アンディ・ラウ)

も渋くとてもステキでした。

彼のファンの方は必見です。

私もまだまだ「三国志」のファンとまではいかないけど、この時代のほかの作品

も見てみたいと思うようになりました。

今は、「レッドクリフパート2」のDVD発売を心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常州生活 買い物編(肉・魚)

ここ数日こちらはお天気が悪いのですが、気温が25~28度ぐらいで

涼しく過ごしやすいです。6・7月あんなに暑かったのに、また梅雨に入った?!

さて、今日は常州買い物編「肉・魚介類」です。

【肉】

肉は、鶏・豚・牛・羊肉などが売られています。

ほとんどどの肉も、ぶつ切り状態で置いてあり、秤で量ってもらい値札をつけて

もらいます。なかには鶏などは、毛をむしっただけの状態のものも・・・・

日本のように、いろんな料理別にきれいに薄切りされパック詰めされている

肉はほとんどないです

でも、あるお店(輸入食品専門のお店)だけは、少しですが薄切りされてパック

詰めされている肉もあり、私はほとんどそれを購入しています。

【魚介類】

魚介類も基本的に秤売りです。

はじめてスーパーに行ったとき、魚売場は臭いがダメで近づけなかったです。

魚類は海の魚もありますが、川魚がほとんどで鮮度があまりよくなさそう

なので、今まで一度も買ったことがありません。

ほかにもこの時期だと(ちょっともう終わりに近いかな?)ザリガニや

どじょう、なまず、他にもにょろにょろした生き物(笑)、かえる、すっぽん

など、日本ではめずらしい物が生きた状態で売られていますΣ(゚д゚;)

(もちろん買ったことはありません

今まで買ったといえば、海老とイカ、それから輸入食品専門店で

冷凍のさんま・さばを買ったぐらいです。

お刺身なんて売ってないので、無性に食べたくなります。

今日の肉・魚コーナーはちょっとグロテスク?!なので、写真は控えました(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだまだ難しいブログ

8月に入り、壁紙を変更してみました

ところが、いままで書いていた記事(特に写真尽き)のバランスが

崩れてしまい、編集に3時間半かかりました(;´д`)トホホ…

なにか良い方法があると思うのですが・・・・。

まだまだ難しいブログです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »