« 私のボーナス | トップページ | 上海へ »

韓国ドラマ「マイガール」

中国(常州市)に日本のドラマや映画、韓国ドラマや映画のDVDも販売

されていて、私と主人の娯楽のひとつになっています。

私の好きな韓国ドラマの日本語バージョンも少ないですが、DVDショップ

においてあり、今回は「マイガール」を購入し視聴しました。

以前テレビ東京であり、5~6話見たのですが、中途半端になっていて、

ようやく今回全話通して見ることができました

Girl_l21_2 【あらすじ】

どんな人とでも10秒で友達になれる

コミュニケーション能力を持ったユリン

(イ・ダヘ)。だが一方ではマズイこと

が起きると日本人になりすまして

みたり、自然に嘘がポンポン飛び

出したりする詐欺師でもある。

そんなユリンがいつもの芝居の最中、クールで知的で能力も備えた実業家

ゴンチャン(イ・ドンウク)と出会う。ゴンチャンの祖父が病に倒れ孫娘を

連れて来いというが、ゴンチャンは探しきれない妹の代わりにユリンを

連れていこうとする。ユリンの演技力があれば祖父にも通用すると

思ったのだが…。

【感想】

10話まで、話の展開が遅く、だらだらとしていたため、途中見ながら

ウトウトしてしまったことも・・・・・。

話が韓国ドラマ特有のお金持ち(財閥)との恋。

さすがに、韓国ドラマを見慣れてくると、お決まりのパターンは、

先の展開が少しづつ見えてしまって、おもしろい作品もなかなか

はまれなくなってきている今日この頃です

もう少し素直に見たらいいのだろうけど・・・・・。

10話以降は話の展開があり、ハラボジ(祖父)についている

ウソがばれ、やっと2人ユリン(イ・ダヘ)とゴンチャン(イ・ドンウク)

の気持ちが通じ合ったところだったのに、ハラボジの反対で、ユリン

がゴンチャンの元を去ることに。

そして、2年後再び再会し、ユリンはハラボジとの約束(ゴンチャンと

は二度と会わない)を守るため、気持ちはあるけど、ゴンチャンの

執拗なつきまといを振り払い、最後に皆に対して大ウソをつくのですが・・

最終回は、いろんな展開があり、ハッピーエンドで終わり、

とてもよかったです。

ユリン役のイ・ダヘ、私はとても好きな女優さんなのです。

いままで彼女の作品で、「グリーンローズ」と「ハローお嬢さん」

を見たのですが、どの作品もキャラがまったく違う役柄。

とくに「グリーンローズ」からのキャラのギャップは最初ちょっと

戸惑った感じもありましたが、途中からユリンワールドにはまって

いました。まだまだ、いろんな魅力をもった女優さんです。

次回の彼女の作品が楽しみです。

*余談ですが最終回の最後に、ちらっとゴンチャンのいとこの

恋人役でジェヒssiが出演していました~

|

« 私のボーナス | トップページ | 上海へ »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「マイガール」:

« 私のボーナス | トップページ | 上海へ »