« 中国〔桂林〕旅行 3日目 | トップページ | 常州生活 買い物編(野菜) »

中国〔桂林〕旅行 4日目

この日は、旅行最後の日

朝食をすませて、陽朔近辺の村へ行きました。

ここでは、600年前にできたといわれる遇龍橋をまず見学しました。

Img_0293

石でできた古い橋ですが、水辺に鏡のように写しだされる絵とその風情

がなんともいえない雰囲気でした。

この近辺では、とても人気のある橋で、遠くからわざわざ

足を運ぶ人々もいるんだそうです。

Img_0300

これは、この橋の上から写した陽朔の村の田園風景です。このあたりは日本の田園

風景と似た感じがしました。私の故郷にも似てるかな?!なんとなく、

のどかでなつかしい感じがしてしばらくゆっくりとしていたいな~なんて思いました。

そして、この村のある農家を訪問しました。

おじいさんとおばあさんの二人暮し。

こんな見ず知らずの私たちを、すごくあたたかく迎えてくださいました。

家には、ご家族の写真が飾ってあり、また、以前訪れたという日本人の

観光客が、帰国してから送ってくれたという結婚式の写真なども飾られて

いました。

少し話をすると、おじいさんが二胡を演奏してくれました。

桂林の民謡を歌いながら演奏してくれました。とても、上手く、なんとなく

なつかしい感じがしました。

そして、私も主人と麗麗さんにうながされて、お返しに?!

演奏することに。二胡をはじめて2ヶ月。まだ人にお聞かせできるような腕前

ではないのに、おじいさんとおばあさんの笑顔と拍手に負けて日本の歌

「ふるさと」を演奏しました(;´▽`A``

ちょっと音程がはずれていたような・・・・。

でも、みなさん大きな拍手をしてくれて嬉しかったです(≧∇≦)

Img_0310

おじいさんの演奏する姿勢。ステキですね。

背筋がピンと伸びていて、やはりまず姿勢からですね(^-^;

Img_0308

そして、この村を後にして、空港へ向かいました。

これで、4日間の桂林旅行は終了。

いま緑のほとんどないところで生活しているので、桂林の風景とおいしい空気

これをもうちょっと味わっていたかったな~。

最後に、4日間私たち2人のために一生懸命ガイドをしてくれた麗麗さん。

P1000466

日本にはまだ行った事がないのに、とっても日本語上手。

お兄さんが日本料理店をいていて、日本料理に味があり、日本語を学

んだそうです。

(日本に行ってみたいそうですが、中国人が日本へ行くのはなかなか手続き

が難しいんだそうです。)

22歳というまだまだ若い彼女。

でも、しっかりしていて、旅行中いろいろと私たち2人のために気を使って、

料理の味を食べやすいようにとシェフに頼んでくれたり、お水を用意してく

れたり、ほんとうにいろいろとお世話になりました。

いつか、日本に仕事で行ってみたいと言っていました。

いつかその日がきっと来ると思います。これからもがんばってほしいです。

日本で、会えたらいいですね~。

良い旅に、良い出会いができて、本当に心に残る桂林旅行でした。

|

« 中国〔桂林〕旅行 3日目 | トップページ | 常州生活 買い物編(野菜) »

中国国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国〔桂林〕旅行 4日目:

« 中国〔桂林〕旅行 3日目 | トップページ | 常州生活 買い物編(野菜) »